『雨に唄えば』でジメジメした梅雨を乗り切ろう

もうすぐ梅雨の時期がやってきますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。山田です。

梅雨といえば「雨」ということで安易な感じではありますが、今回は山田の大好きな雨映画(?)「雨に唄えば」をご紹介します!

DogEarFilms流 こんな人にオススメ
・ミュージカルが好き
・元気をもらいたい
・サイレント映画からトーキー映画へ移っていった時代に興味がある人

映画好きなら、なおさら楽しめる

ミュージカル映画らしく、ジーン・ケリーが雨の中で「Singin’ in the Rain」を歌いながら踊るあの名シーンをはじめ、シングアンドダンスなシーンを中心に物語は進みますが、ストーリーはサイレント映画時代に押し寄せたトーキー映画の波に翻弄される映画会社の苦悩を描いており、その点で映画好きに是非見てもらいたい作品です。

ハリウッドはこうやってサイレント映画からトーキー映画の時代に「変わっていったんだなあ〜」というのが分かり、とても興味深いと思います。

意外と(?)コメディ要素あり

まだ、この作品をご覧になってない方は、どんな内容を想像するでしょうか。

山田が初めてこの映画を観た時の感想は、当初のイメージから裏切られた記憶があります。なぜなら、思っていたよりコメディ要素が強かったから。これ以上はネタバレになるので詳しくは書けませんが、いくつかのシーンでは声を出して笑ってしまいました。

恋愛要素もたっぷりあって、見所たくさんドタバタラブコメ!ザ・エンターテイメント!!

キレッキレのダンス

なんといっても、この映画の一番の観どころは、ジーン・ケリーたちのキレッキレのダンスのシーン。ジーンさんはもちろんのこと、ドナルド・オコーナーさんの身体能力は人間離れしてます……観ていて気持ちいいほどのキレッキレです。

個人的に、一番好きでオススメなのは、ジーン、ドナルド、デビー・レイノルズの3人で歌って踊る「Good Morning」のシーンです。3人の掛け合いがとても楽しくて見ていて幸せな気持ちになります。

ということで、まだご覧になっていないあなた!

そしてこの記事を読んで「久しぶりに観たいわ」と思ったそこのあなた!

是非これからの梅雨の時期にピッタリなこの映画を観てほしいです。60年以上前の映画とは思えない完成度に「名作」と呼ばれる理由がわかると思います。

ほんとうに観ているだけで元気がもらえますよ。

Rated G (C) 1951 Tuner Entertainment Co. (C) 2000 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

この記事をシェアする