【取材】映画『空母いぶき』超豪華!完成披露試写会

こんにちは、dogearfilmsライターのこめこです。

5月24日(金)より全国ロードショーを控える映画『空母いぶき』の舞台挨拶にお邪魔してきました。

4月吉日、国際フォーラムで行われた舞台挨拶では監督 ・原作・企画 を加えて総勢22名が登壇。特設巨大スクリーンに特別映像が流れると、幕が上がりキャストの皆さんが登場しました。

登壇者一覧
第5護衛隊群から
【空母いぶき】艦長 秋津竜太(西島秀俊)、副長 新波歳也(佐々木蔵之介)、群司令 湧井継治(藤竜也)、船務長 中根和久(村上淳)、第92飛行群司令 淵上晋(戸次重幸)、アルバトロス隊隊長 迫水洋平(市原隼人)、パイロット 柿沼正人(平埜 生成)
【護衛艦はつゆき】 艦長 瀬戸斉昭(玉木宏)
【潜水艦はやしお】艦長 滝隆信(髙嶋政宏)
【イージス艦いそかぜ】 艦長 浮船武彦(山内圭哉)砲雷長 岡部隼也(和田正人)
【政府関連者】内閣総理大臣 垂水慶一郎(佐藤浩市)アジア太洋州局長 沢崎勇作(吉田栄作)
【ネットニュース社】記者 本多裕子(本田翼)ディレクター 藤堂一馬(片桐仁) AD 吉岡真奈(土村芳)加えて東方新聞の記者 田中俊一(小倉久寛)
【コンビニ】店長 中野啓一(中井貴一)アルバイト(森山しおり)

端から端までの大勢の豪華キャスト!
(かなり引きで撮らないとカメラに入り切らない〜。申し訳ないです)

キャスト陣の豪華さにお客さんの感嘆の声が止まらないまま、挨拶へ

映画『空母いぶき』への想い、メッセージを一言ずついただきましたので簡単に紹介させていただきます。


「お忙しいなかありがとうございます。必ず皆さんが感動できる作品になりました。楽しんでいってください」- 主演・西島秀俊さん

「4,200人の皆様こんばんは。戦争映画と聞いてひるみましたが、監督から平和のための映画と聞いて覚悟を持って挑みました」- 佐々木蔵之介さん

「この映画を見て自分の当たり前の生活、日常を守ってくれている人のことを感じれました」- 本田翼さん

「原作が大好きだった。緊張感のある映画ですが、のめり込めます!僕は緊張感のあるところには出てません。(笑)」- 小倉久寛さん

「日本でも武力行使についての映画がついに出た。近未来をうたっている映画ですが、明日あってもおかしくない現実世界が描かれています」- 高嶋政宏さん

「嵐の櫻井くんから、この原作のコミックを教えてもらった。映像化の話には驚きましたが見応えのある作品になってます」 – 玉木宏さん

戸次重幸さんの番になると、これまでの雰囲気から一変。急にいい声でゆっくりとした挨拶に皆が半笑いし、西島さんも巻いてとアクションする場面も。

「この映画で大切なもののために命をかけるのはどういうことかを考えさせ、まだ答えがでない。それでも自分の中の大和魂をかきたてられた」- 市原隼人さん

「緊張感で前の椅子を掴みたくなるほどの映画ですが、僕のでる日常シーンではほっこりしていただければと思います」- 片桐仁さん

和田正人さんの番になるとアクションつきで「僕はミサイル、砲雷の時、全般に『てーぇ』っと叫ぶので…」と話すとキャスト陣の周りから「いい声だ」との掛け声に笑いが。

「はじめまして。映画や舞台で観ていたカッコいい人達と一緒にいれることに感動。カッコいい映画です…」- 平埜生成さん

「撮影はあっという間でした、改めてこの作品に参加できたことに感謝です」- 土村芳さん

「壮大なスケジュールメッセージ性が強い作品。見終わった頃に心が温かくなります」- 深川麻衣さん

「ちょうど憲法9条が話題になっています。撮影には想像力を普段の3倍使いました。複数人で観た後に語り合っていただきたい映画です」- 山内圭哉さん

「みんなの役は艦長なのに僕は店長(笑)。原作にはいないキャラクターですが、面白い映画になってます。楽しんでください」- 中井貴一さん

「素晴らしい原作に若松監督が手を加え、今何を写すかをフィルムに焼き付けた映画です」- 村上淳さん

「令和という時代を迎えるにあたって、戦争のない平和という時代を振り替えり考えられる映画です」- 吉田栄作さん


「戦争はだけアカンという映画だと思って演じました。ありがとう」

この藤竜也さんの一言に和やかだった会場の空気が真剣に。藤さんは厳しくも優しい顔をしていて戦時中に生まれた名優の風格を感じました。

「やっと順番きた(笑)」と佐藤浩市さんが本音をもらすと会場からも笑いがもれる場面も。

佐藤さんは「20歳でこの世界に入り、内閣総理大臣の役をするまでになるとは思ってもいなかった。(中井貴一さんを指し)こっちの淵に立っている男も別の映画で内閣総理大臣をやってる。まさか同じ年に公開するとは」と冗談交じりに中井さんに話をふると「その話、俺がすると長くなるからね」と中井さんからツッコミを受けていました。

ただ、佐藤さんがこの映画にかける思いは冗談ではないようで「親父の7回忌が終わったばかりで三國も草場の陰から喜んでいるでしょう」と続けてコメント。

キャスト陣のコメントが終わり制作へ

「自衛隊が出る映画は沢山あるが、本来の任務としての自衛隊を描いたのはこの映画が初めてです。そのことを頭に入れてみていただけたら幸いです」- 原作・監修:かわぐちかいじさん

「原作は日本と中国が戦争してしまうというとんでもない代物です。実写映画にするにあたり架空の国となっているが映画として企画が成立するように練りこみました」- 企画:福井晴敏さん

監督を務めた若松節朗さんは「未来の命に平和の世界を残す。そんな気持ちで作りました」と重重とコメントし、自衛隊に現場の話も聞きながら撮影したことを明かしました。

続けて、「今、この時も自衛官の皆さんに見えないところで国を守っていただいているとういう事実が、この映画の大きな後ろ盾になった。これだけの日本を代表する俳優達がでていて映画がまずかったら僕の責任です。いい映画に仕上がっていると思っているので俳優達の熱演を楽しんでください」と、真面目な映画とはいえ、それだけでは留まらない温かみが質問の答えからうけとれました。

司会者の質問タイムでは

登壇者の挨拶で半分の時間を要してしまったにも関わらず、司会者からの質問にも丁寧に最後までオールキャストが受け応えされていました。一部ご紹介させていただきます。

「あなたが人生でした最大の『決断』した瞬間は?」という問いに西島さんが、決断とは違うかもしれませんがと前置きし「結婚し最近子供が生まれたことです」と話すと私を含めた「きのう何食べた?」をみていたであろう西島さんのファンが「あっ結婚してたんだ」と現実を思い出し感嘆の声をもらしていました。

藤竜也さんは、50数年前の若い頃、共演者・髙嶋政宏さんのお母様・寿美花代さんの舞台(宝塚)へ行こうと一緒に約束していた女の子が遅刻し、待っていたときにスカウトマンに声をかけられ、俳優の道を決断したそう。(不思議な縁がつながっていただ、と私は感動しました)

「あなたが平和だと感じる瞬間は?」という質問には、佐藤浩市さんは「話が回ってくるのにやっときたな」と笑いを誘うと共に「映画を提供する瞬間」と締めくくりました。

これから公開される映画を楽しみにしている方へのメッセージ


佐々木蔵之介さんから「お待たせしました。やっと上映です。舞台は12月23日クリスマスイブの前日、誰もが戦争を望んでいないとき、平和を願っている。この映画を見て劇場を出た後、家族や仲間がいる幸せを噛み締めて、お墓まいりにも行っていただけたらいいな思います。テーマとかを気にせずエンターテイメントとしても楽しんでいただけたらと思います」

西島秀俊さんから「この映画は映画関係者から泣けた、との声を貰った。実際の撮影現場は本当に戦闘で戦況も厳しく、どう戦争を回避して、あくまで戦闘から現状を打破していくか常に考えていたので泣けることを考えていなかったのですが、思い返してみるとこの映画に関わる全ての協力者や人が、役柄は架空の人物だったとしても全員が平和について真剣でブレなかったことが、この映画の泣ける場面に繋がったのではないかと思った。

映画自体は佐々木さんがいったように手に汗握るエンターテイメントですが、何か胸の内に平和について、平和のために働く人について思うことの一旦になれば嬉しいかぎりです。またその気持ちを周りの人に伝えていただけたら幸いです。とにかく楽しんでいただけたら」

最後に


漫画実写化が大当たりしている今、満を持して累計350万部突破のベストセラークライシス超大作コミックの実写化。『空母 いぶき』かわぐちかいじ作・ジャーナリストの恵谷治協力監修。

コミックスは3巻までの限定セット(600円)で販売中。上手いことネタバレしないところまでになっています。映画までのお楽しみ!そして、なんとオリジナルキャラクターを含んだエピソード0の漫画も出るそう。是非、劇場で購入してみてはいかがでしょうか。

緊張感溢れる社会派スペクタクルだけでなく『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』『柘榴坂の仇討』で人間ドラマを描いてきた名匠・若松節郎監督の人の魂が震えるような映画を期待できます。ドラマでは「やまとなでしこ」や「救命病棟24時」などの平成のエンターテイメントを代表するドラマを作られた監督が、令和の初めに映画として伝えたいことを観に行きたいです。

4,200人のお客さんに対して最後まで紳士の西島秀俊さんに、ついつい近所に住んでるおばさんのように話かけてみたくなりましたが我慢しました。

映画のあらすじ


20××年、12月23日未明。そう遠くない未来。航空機、搭載型の護衛艦いわゆる「空母」の時代に突入、国は二分化していた。そして迎撃ミサイルが放たれた、わが国の領土が占領されたのだ。戦後初めて日本政府が「防衛出動」を発令。出動を命じられた『空母いぶき』に乗り込むのは艦長の航空自衛隊の元エースパイロット秋津竜太1佐(西島秀俊)と副長の海上自衛隊エリートの新波歳也(佐々木蔵之介)。「戦争」という危機を目の前にし未曾有の問題に挑む自衛官。今まで経験したことのない難局に前線の自衛官は何を考え、如何なる選択をするのか。24時間の物語の結末に人々の「平和」は続いていくのかーー。明日の日本の姿を目撃できる映画。

空母いぶき 5月24日(金)より全国ロードショー
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ
西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、玉木宏、中井貴一、佐藤浩市

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

こめこ

笑えるだけの映画も考えされられる映画も希望を与えてくれるものが好き。本当に好きなもの、おすすめしたいです。 新作の感想は少ないかと思いますが、旧作やDVDなどのレビューから、お気に入りを発掘してもらえたら嬉しいです。