「真ん中の丸いの誰?」スターウォーズ初心者のための初心者による!よくある質問コーナー

こんにちは。こめこです。

街はスター・ウォーズで盛り上がる中、キャラクターは可愛いけど(配給がディズニーに変わったので余計に可愛いグッズが出てますよね)お話がわからないと取り残されてる人たちを救いたくフォースを捻出しました。

私は、ファンと言ってもスター・ウォーズは思い出があって単純に好きなだけなので、解説はできません。なので、解説というより紹介をさせてもらいました。今回の記事で、気楽に観始めるきっかけになれば嬉しいです。
例えばサッカーを、普段そんな見ないけどワールドカップの時だけは盛り上がりたいような人におすすめします。オフサイドはどういう仕組みかを解説する技量はないので、ただ単に何点入るかは調べたよ、くらいの感覚です。

とりあえずコアな人の知識量と熱量には足元にも及ばないとの理由で、GUコラボの靴下置いておきます。
これでご勘弁を!!!

さて、長い言い訳も終わったので、「結局前作だけ観ていけばいいのかな?」「そもそも、なんで順序通りじゃないの?わかりづらい!」ってくらいのスタンスの方のために、私が簡単に答えます!

スター・ウォーズ初心者の初心者のための初心者による!よくある質問コーナー。

Q.結局、全部でいま何作出てるの?

7作と番外編が出てるよ!

Q.じゃあ8作品✕約2時間 16時間も見なくちゃいけないの?ムリ。

いえいえ、個人的にですが、これから観るのであれば、スター・ウォーズ最初のお話の『エピソード4』と『エピソード7』の2作品 ✕ 約2時間=4時間観てもらえれば、最新作を楽しめると思います。また『エピソード1』もベイダーの生い立ちが見られるので観たら、より楽しめますよ。

Q.待って、公開の順番ってどうなってるの?

現時点(※2017/12/15)で、日本で公開されている作品順にならべてみます。

『エピソード4 新たなる希望』1978年
『エピソード5 帝国の逆襲』1980年
『エピソード6 ジェダイの帰還』1983年
『エピソード1 ファントム・メナス』1999年
『エピソード2 クローンの攻撃』2002年
『エピソード3 シス復讐』2005年
『エピソード7 フォースの覚醒』2015年『ローグ・ワン』2016年
最新作『エピソード8 最後のジェダイ』2017年12月15日公開

Q.えっ!なんで4から始まってんの?

色々とあるのですが、ここでは、ひとつだけ言うと、作品の主人公が違うので4から物語が始まってます。1〜3は、アナキン・スカイウォーカー(後のベイダー)。4〜6は、ルーク・スカイウォーカー。7が、レイ(女性主人公)です。ローグ・ワンは、ジン・アーソ(女性主人公)で、ざっくり言うと番外編です。なんだかややこしくなりそうなので、私の知識量で気持ちネタバレしつつ、1から順番にタイトルわけをしてみました。

主人公・・・アナキン
『エピソード1』 C-3POをつくるよ
『エピソード2』 アミダラさんとのラブストーリーだよ
『エピソード3』 とうとうベイダーになるよ

主人公・・・ジン・アーソ
-『ローグワン』- デススターって何?

主人公・・・ルーク
『エピソード4』 宇宙のゆかいな仲間たちだよ
『エピソード5』 敵のベイダーは父ちゃんだったよ
『エピソード6』 妹はお姫様?

主人公・・・レイ
『エピソード7』エピソード4の同窓会を開いてみたよ
『エピソード8』同窓会であった先生(ルーク)との話?
『エピソード9』 2019年公開予定

とローグ・ワンを除いて、各3シーズンの三本立てになってます。
前述通り、基本はルーク・スカイウォーカーのお話なので『エピソード4』と『エピソード7』、『エピソード8』という順で観ても全然楽しめると思います。要は、単純にどっちが敵か味方かわかっていればお話は単純で素敵なので楽しめると思います。

とにかくかわいいドロイド

Janson_G / Pixabay

スター・ウォーズといえば、可愛いキャラクターやドロイドは映画を観たことがない人でも印象に残りますよね。キャラクターは紹介するとキリがないので、今回はメインドロイドを紹介します。おなじみのR2-D2C-3POに前作のフォースの覚醒からBB-8(写真の真ん中)が加わりました。あの丸いやつ、B8みたいな形してるから、BB-8(ビービーエイト)です。

胴体が、クルクル動いてとにかく動作がかわいい!そして、ドロイド(ロボット)だけどちゃんと性格があるので、それもぜひ映画を観てください。

ちなみに、最新作にはBB-8の黒いバージョンが出るとか!?これは、かなり人気が出そうですよね!

あなたの想像する近未来は?ジオラマはお嫌い?

スター・ウォーズは長編映画のデメリットとして、SF映画なのにエピソード4〜6は映像が古い、ジオラマな点です。4から始まった2つめの理由に、昔の映像技術では1〜3は作れないからと、長編になることを逆算して4から始まってます。

なので、映像の抵抗は少なめにしてあるものの、今から観る人たちは古い映像なので、残念ながら好き嫌いが別れると思います。『エピソード4』を観てもっと最新鋭のきれいな映像のほうが良いと思った人は続けて5、6を観ずに、1から観るとちょうど良いかも。

もちろん、7、8は最新技術なので安心してください! 私は個人的には昔のジオラマ、大好きだからエピソード4〜6が大好きです。少し前の人が作る近未来の映像だけでご飯が食べられます。

ん〜!まだまだ、観る気がしない!という方へ

スター・ウォーズの世界観って素晴らしいんだけど、ハマるまでは寄せ付けない雰囲気もありますよね。
そこで、私はスター・ウォーズの短編アニメ『クローン・ウォーズ』をおすすめします!

これの何が良いかって短編で終わるんですよ。読み切り感覚なのでスッと観終わるし自然と世界観にも入っていけて馴染めると思います。
私は、このアニメで毎回の教訓が流れるのが昔放映されていたほうの日本昔話っぽさを感じて好きになりました。

銀河の彼方に誰と行くか?

wondermar / Pixabay

私はスター・ウォーズは、父がきっかけで観るようになりました。父はゲームやSFが好きなゲームオタクなので、最初は父のが乗り気でついて行ってたけど、『エピソード7』のときには完全に私のほうが乗り気でした。結局、観た後に二人して興奮して帰ったんですけど。

『クローン・ウォーズ1』の第20話「デス・トラップ」の教訓にも

-大切な事は父親の姿より父親との思い出である-

ってあるし、その通りだと感じました。

最新作の公開日にはスター・ウォーズのコアなファンの人達の中にお邪魔させていただきますが、年が明けたら吹き替えを父と観に行こうと思ってます。良くわからない人は、興味がある人と一緒に行って説明してもらうが一番だと思います。

と、結局受け付けていた質問に答えきれたのか不安ですが、それぞれの楽しみ方で最新作を楽しんで貰えればと思います。キャラクターから入るもよし。過去作品を予習するもよし。アニメを観てみるのもよし。好きな人に聞いてみるもよし。

スター・ウォーズ自体の窓口は、ちゃんとあるのですが、初心者は入りづらく見えるのが唯一の難点でしょうか?まるでデススターみたいですね。

と上手くまとめたつもりになったところで私のつたない紹介も終わります。

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

こめこ

笑えるだけの映画も考えされられる映画も希望を与えてくれるものが好き。本当に好きなもの、おすすめしたいです。 新作の感想は少ないかと思いますが、旧作やDVDなどのレビューから、お気に入りを発掘してもらえたら嬉しいです。