UFO?若田さん?映画『インターステラー』私の部屋の窓から緊急ニュース速報。

こんにちは、こめこです。
※この記事はネタバレを含みます。
私は雨戸を閉める前に部屋の窓から見える夜景が好きです。

窓から見た夜景写真

たしかインターステラーを見る1年くらい前、宇宙ブームの当時。私は部屋の窓からUFOを発見!父と母を叩き起こし確認してもらうと、小さな星が僅かに上昇していると家族で大興奮。絶対に幽霊や宇宙人を信じない父も「本当に動いてる!これはUFOだ。」と感激していた。その晩は、確かに未確認飛行物体を見ました。

翌日、「昨夜、宇宙飛行士若田さんの乗ったロケットが肉眼でも確認できました!」とのニュース。「昨日のUFOはロケットじゃん!」と、翌日には確認飛行物体になったのです。「私が夜空に見た上昇していた星は人間の乗ったロケットだった」信じられないようなこともあるのだと驚いたのを覚えています。

SF好きじゃない人には不評?

簡単に言うとインターステラーは、「さきほど私が体験したような物語が描かれています」って紹介したいくらいSFの世界です(笑)。単純に明快にSFであり、好きだった映画です。間違えてSF好きじゃない人にすすめたら「こんなことありえないからツマラナイ」って言われるくらいSFだった。

Dog Ear Films流 こんな人にオススメ
・宇宙、天文に興味がある人
・SF好きな人
・カップル、ファミリー向き

CGがアトラクションみたい。無重力な気分!

ジェットコースターのような爽快な瞬間ってもう一度味わいたいって思いますよね。『インターステラー』のCG技術は、まるでアトラクションのようで映画館でもう一回観たい!って思いました。私はTCX(壁まである大きなスクリーン)で観たのですが、それより大きな丸の内ピカデリーで、おかわりしたくなる映画でした。

ストーリーのラストがかっこいい!

結局、都合があわず、おかわりできなかったのですが、『インターステラー』を観に行った後にはやぶさ2のニュースを聞いて私は驚愕。「はやぶさ2は宇宙探査をして2020年に地球に帰還した後に、また探査に出発します。」とのニュースが、主人公のラストのシーンと重なるなーと思いました。

日本版のポスターより、海外版のポスターが好きだったなー。

(C)2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

こめこ

笑えるだけの映画も考えされられる映画も希望を与えてくれるものが好き。本当に好きなもの、おすすめしたいです。 新作の感想は少ないかと思いますが、旧作やDVDなどのレビューから、お気に入りを発掘してもらえたら嬉しいです。