大人になりきれない僕は映画『ホビット』を観る。

男なら多くの人が少年期に一度は冒険漫画を読んだことがあると思う。

この映画はそんなワクワクとドキドキと厨二病臭さを与えてくれたあの日を思い出す、いわゆる王道をゆく物語。

『ロード・オブ・ザ・リング』前の物語

本家である『ロード・オブ・ザ・リング』は上映当初から有名だったので、観たことがある方も多いと思うが、心踊る冒険というよりは心の葛藤を描く部分が強かったように僕は思う。
指輪を中心に物語が進むことは変わりないのだけれど、『ホビット』の物語は未知の世界に踏み出して広い世界を冒険することが中心に描かれていた。

僕の足。冒険者っぽさ出してみた

Dog Ear Films流 こんな人にオススメ
・ファンタジー好き
・冒険が好き
・社会の闇を超えたい人
・ひとり or カップル or 家族向き

少年の心を持ちすぎている大人は痛いけど

社会に出ると世の中の汚い部分に向き合わなければ生きていけない。
それを乗り越えて大人になるとよく言われているが、全部の人が真っ向から正攻法だけで乗り越えるわけではないと思う。
そんな時は童心に返って襲ってくる社会の闇をファンタジーのボスに見立てて踏破してはいかがだろうか。

そのためにもまずは心を一度、当時のどんな敵とも戦える気持ちだった無謀な少年時代に戻してみてほしい。そんなきっかけに『ホビット』3部作を是非。

少年の気持ちは時には支えになる!

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

 

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

むーさん

学生の頃からお金がなくてもDVDレンタルショップに通い詰め、ひたすら休日を過ごす、映画が好き。小難しい映画論は分からないが、本当にいい映画を知っている、かもしれない。そんなに期待はしないでね。