映画『グランド・イリュージョン』相手のトリックに酔いしれるのも悪くない「騙される」爽快感

こんにちは、浦井智崇です。
私はかれこれ10年以上、趣味でマジックをしています!
マジック好きとしては見るしかない!と半ば使命感に駆られてTSUTAYAでレンタル。

※個人の感想です。多少ネタバレがありますのでご注意ください。

Dog Ear Films流 こんな人にオススメ
・マジック好き
・心理戦が好き
・ひとり or カップル向き

「騙される」って気持ちいい

マジックを見るとついムキになって「見破ってやろう」と思う人、多いですよね。

かくいう私もそのひとりなわけですが……この映画、開始2分で騙されます。騙してきます。

なんと言っても冒頭、ジェシー・アイゼンバーグ演じるダニエル・アトラスのマジックが秀逸。

このダニエル率いる4人のマジシャンチーム「フォー・ホースメン」が、巨大なイリュージョンでFBIを翻弄します。

果たして彼らの目的は……?

鍵を握る、騙しのテクニック

人を騙すにはどうすればいいか。

劇中で何度も出てくるのが、「ミスディレクション」という言葉です。
言い換えれば、相手の注意を逸らすということ。

手品で言えば、観客が見ていない隙にゴニョゴニョする……みたいな感じ。
この映画において観客はもちろん、私たち。

2時間通して、全力で「ミスディレクション」してきます!
私はずっと騙されっぱなしで、気づいた時に「これがミスディレクションかーッ!」と唸りました。

他にもいくつかマジックの極意が散りばめられているので、ぜひ台詞にもご注目。

マジシャンたちの個性が光る

リーダーのダニエル・アトラスは、イケメンで仕切りたがり。
喋りや動作に少し癖があって、一番マジシャンっぽいかもしれません。

メリット・マッキニーは、メンタリスト。
一時期ブームになったメンタリズムが、ウディ・ハレルソンの演技で胡散臭く仕上がっています。

紅一点のヘンリー・リーブス。
やっぱりイリュージョンに美女は欠かせません。ダニエルとの掛け合いも面白い。

ジャック・ワイルダーは、アクション担当。
トランプを武器にFBIと戦うなど、マジシャンならではの戦闘シーンが観られます。

キャラの立った4人だからこそ、最後まで飽きずに楽しめるんです。

たまには相手のトリックに酔いしれるのも悪くない、そう思える映画でした。小さなマジックが折り重なり、壮大なイリュージョンとなっているこの作品。
その観客の一員として、スカッと騙されてみてください。

TM & (C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

浦井 智崇

面白いものに目がない関西人。気に入った映画は台詞を覚えるくらい見ます。アニメーション映画が好き。