逆境を生き延びるための力とは?映画『レモニー・スニケットと世にも不幸せな物語』

何もしていないはずなのに、気付いたら自分にとって不利な状況に陥っていることってありますよね。時には、それでどうしたらいいかわからなくなることも。そんなとき、みなさんはどんな風に切り抜けてきましたか?

こんにちは、はじめまして。same(さめ)と申します。これからよろしくお願いします!

今回はお気に入りの映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』を紹介しようと思います。

DogEarFilms流 こんな人にオススメ
・ダークやレトロな世界観が好きな人
・現状をどう解決しようか悩んでいる人
・現実世界から離れたい人

襲い掛かる不幸の数々


『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』というタイトルを聞いたら、数々の不幸が襲い掛かる暗くて、残酷で、悲惨なお話かと思うでしょう?それはあながち間違いとは言えません。

大きな家の裕福な家庭で育った天才3姉弟は、ある日突然、両親と家を火事で亡くしてしまいます。遠い親戚に引き取られるのですが、引き取った伯爵は両親の遺産だけが目当てで3姉弟をこき使うひどい男でした。

ーー物語はこんな風に幕を開けます。

伯爵は俳優の演技力で周りを欺き、後見人の座に収まるのですが、3人が幼いためにまだ遺産が入らないと知ると、3人を殺して遺産を手に入れようとします。なんとか逃げ出して素晴らしい人に保護されるのですが、安堵するのもつかの間。その人も伯爵の手によってひどい目に……

3人には次々と、不運としか言いようのない出来事が襲いかかり、やがて両親の持っていた秘密も浮かびあがってきます。全く追い風が吹かない、頼れるのは自分たちだけという状況でも、彼女たちは負けません。

1+1+1=?

この映画に出てくるキャラクターはみんな強烈です。

長女・バイオレットは発明家

その場にあるものでひらめきを得て、問題解決の道具を作ります。演じているのは『God Help the Girl』で一躍有名になった、エミリー・ブラウニング。

(写真左下:バイオレット役を演じたエミリー・ブラウニング)

本作は『God Help the Girl』の10年ほど前の作品なので、まだあどけない顔立ちをしています。

長男・クラウスは博識な読書家

数多くの本を読み、その中身を正確に記憶しています。演じているのはリーアム・エイケンです。

次女・サニーは鋭く強い歯を持つ赤ちゃん

まだ話せないけど、姉弟の言うことや状況を理解する能力に長け、危険を顧みずに動く度胸があります。カラ・ホフマンとシェルビー・ホフマンという双子ちゃんが、ふたりで演じていたそうです。

3人集まれば、文殊の知恵。どんなに辛い状況でも共に活路を見出そうとします。3人を殺して遺産を手に入れようとする伯爵によって、車に閉じ込められて線路の上に置き去りにされ汽車にひかれそうになっても、車の中にあるものだけを使って、なんとか状況を打開し、生き延びるのです。その賢さと強さに脱帽!

見終わったとき、フランシスコ・ベーコンの「知は力なり」という名言が脳裏に浮かびました。

1人+1人+1人で3人以上の力を発揮出来る姉弟です。3人だからこそ、そんな力を発揮出来るのかもしれないな……と兄弟がいないわたしは、ついつい羨ましく思ってしまいました。

ポップでダークなファンタジー世界

Free-Photos / Pixabay

この映画は美しく悲しげで陰気な映像に彩られています。レトロでダークな世界観は、ファンタジー好きな方の心を揺さぶることでしょう。なにせ、わたしも心揺さぶられた、ひとりです。

建物ひとつひとつがおとぎ話に出てくるような作りをしていて、特に伯爵の屋敷はティム・バートン監督の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を彷彿とさせます。日本ではなかなかお目にかかれない退廃的な洋館です。

現実世界に疲れてしまい、別な場所へいきたいと思っている人にこの世界を堪能して欲しいと思います。

数々の逆境を生き延びるための力

逆境を生き延びてきた彼女たちの武器は、知識と度胸。それから、生きたいと強く願う意志。それによって生まれる知恵と、世界を味方につける運でした。それらを身につけようと思って身につけるのは容易なことではありません。

でも、とにかく強い意志を持ち、「自分ならなんとかできる」と信じて、現状を変えるために考え続けること。そうして行動する時、世界が味方して知恵を授けてくれるのかもしれません。わたしにも、あなたにも。

自分の持っている力を振り絞って、なんとか困難を解決する彼女たちから勇気と希望をもらえた気がしました。

この世はつらく思える時もあるが、本当はよいことのほうがずっと多い。よく見れば分かる。世にも不幸な出来事が実は旅の第一歩かもしれない。

 

実はこの映画は『世にも不幸なできごと』というタイトルの子どもむけ小説が原作です。そして、Netflixでドラマ化もされています!『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』というタイトルでシーズン2まで配信されていますので、アカウントをお持ちの方はぜひチェックしてみてください。 

(c) 2018 BY DREAMWORKS LLC AND PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

same

Calligrapher & Editor / コメディやミュージカルが好きだけど、ホラー以外は何でも観ます。好きな映画の話をしよう。