錦糸町・楽天地で観てよかった映画『幼な子われらに生まれ』パパへ、お父さんへ、ハイボールのおともに

こんばんは。こめこです。
いつもは、「こんにちは」でスタートするのですが、この映画については「こんばんは」の時間に見ていただくものかなーと。こんばんはの挨拶からはじめてみました。

観るきっかけは、姜尚中さんのファン「カンサンジュナー」の母

映画館に観に行こうか迷っていたのですが、ふとTwitterを見てると、映画『幼な子われらに生まれて』姜尚中さんが絶賛してるツイートがタイムラインに流れてきました。

村上春樹ファンを「ハルキニスト」とするなら姜尚中ファンの「カンサンジュナー」な母にそのツイートを伝えると早速行こう!ということに。軽く公式サイトを観ると宮藤官九郎さん出てるじゃないですか!ファンの私も慌てて支度。

首都圏で上映中の映画館を調べると、テアトル新宿さん、シネスイッチ銀座さんの2劇場が。どちらも好きな劇場です。自然と作品への期待も高まります。

ただ、今回は母の体調に合わせ地元の錦糸町「楽天地」に。

DogEarFilms流 こんな人にオススメ
思春期の娘をもつ、お父さん
最近、奥さんを愛せないパパ
働き盛りだけど家族サービスもしている父親

父親がカタルシスに浸れる映画

レディースデーで女性が多かったのですが、全力で男性におすすめしたい映画でした。
再婚、連れ子という家族を描き、どこまでも家族にまつわるストーリー。思春期の娘をもつ、お父さん。最近、奥さんを愛せないパパ。働き盛りだけど家族サービスもしている父親にぜひ観ていただきたいです。

浅野忠信さんが父親役として出演しているのですが、普段の印象と違ってきちんとダメな父親役を演じていました。だから、しゃらくせえと思わず感情移入できるはず。

娘、父親、母親の気持ちが伝わってくる

作中、元奥さんとの娘・さおりと、現在の奥さんの連れ子、長女・薫と次女・えりこ、3人の娘が登場します。

どの子も演技が上手ですが、私は一人っ子なので、さおりの気持ちがとても分かりました。一番甘えやすい人に甘えている。それを知ったとき血の繋がっているパパは、どうするのか。それに比べて、自分の気持ちも分からない連れ子の長女・薫と母親が言い合いになったときにはどういう気持ちになるのか。そんな父親視点から家族を観た映画ってあまりないのではないかと思いました。

女性目線、男性目線どちらも楽しめる

そして薫とえりこの血の繋がった父親・宮藤官九郎が出てくると物語は佳境に入っていき、私はどこからか、意味もなく泣いていました。たぶん、女性は男性の身勝手に振り回されることに共感するし、男性は女性から頼られることの重さに共感するはず。父親目線だけでなく、きちんと夫婦の話でもあります。

錦糸町・楽天地がぴったりきた作品

いつもの仕事に疲れて、今日は飲んで帰るか、一人カラオケでもして帰ろうと思っているお父さん。錦糸町楽天地は驚くことに、チータラに、エキストラコールドハイボールも販売してたので、一杯引っ掛けながらカタルシスに浸っていただけるかなと思います。

デパートの屋上のような思い出の地で

ストーリーの中でデパートのシーンが、一番の個人的クライマックスでした。映画を観終わったあと錦糸町楽天地と繋がった寂れたショッピングモールのエスカレーターを降りる時に、作中に出てきた府中のデパートと重なり、ここで観て良かったなと思いました。

良い意味で寂れている錦糸町楽天地と繋がっているショッピングセンター

ちなみに、このショッピングセンターは近々改装し若向きに変わってしまうそうなので、ぜひこの機会に映画とともに雰囲気を味わいに行ってもらいたいです。錦糸町では、珍しくお年寄り向けで、地下にはSEIYUと最上階に健康ランドもあり、映画を観て健康ランドに行き、夕食の惣菜を買って帰れる複合施設です。

ちなみに銀座で観る方は、家族へのお土産に、映画の序盤で登場していたアンリシャルパンティエのプリンシュークリームをおすすめします。

ある意味、こんなにポップコーンが似合わない映画はないかもしれない。笑

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

 

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

こめこ

笑えるだけの映画も考えされられる映画も希望を与えてくれるものが好き。本当に好きなもの、おすすめしたいです。 新作の感想は少ないかと思いますが、旧作やDVDなどのレビューから、お気に入りを発掘してもらえたら嬉しいです。