映画『29歳問題』アラサーだけじゃない!世代や性別を超える共感を呼んで話題作に

現在絶賛公開中の『29歳問題』。香港のアカデミー賞と言われる香港電影金像賞に7部門ノミネートされるなど、大変な人気を博した映画です。

この作品はもともと監督のキーレン・パンが舞台で演じた一人芝居『29+1』を映画化したもの。30歳を迎える女性をテーマにした作品とあって、同じく最近30歳になった私としては観る前から期待度MAXでした。そんな期待を裏切らない、素敵な映画でしたよ〜。

(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

DogEarFilms流 こんな人にオススメ
・アラサー女性
・メッセージ性の強い映画を観たい気分の人
・後味の良い映画を観たい人

あらすじ

(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

舞台は2005年の香港。クリスティは、仕事では昇進が決まり、長年付き合っている彼氏もいて、一見すると順風満帆な人生を歩んでいるかのよう。しかし30歳の誕生日を目前にして、仕事でのプレッシャーはきつく苛立ちが募り、彼氏ともすれ違いの日々。実家の父親は認知症の症状が出始め、仕事中も電話をかけてきてクリスティをうんざりさせます。

さらには、住んでいる家の大家から突然の退去勧告を受けるという始末……。家主であるティンロの厚意で、彼女が旅行している間だけ部屋を借りることになったクリスティは、自分と同じ生年月日のティンロの日記を読むうちに彼女の人生に興味を持ち始めて……。

メインキャスト

クリスティ役

香港で絶大な人気を誇るモデルであり女優のクリッシー・チャウ。

ティンロ役

香港では歌手としても有名なジョイス・チェンを起用。

(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

そして約12年に渡り一人芝居でこの役を演じたキーレン・パンが、監督として携わっています。香港では7週連続興行収入ベストテン入り、観客動員20万人を超える大ヒットとなりました。

30歳になると需要が急降下!?

劇中で語られる、”女性は30歳になるとその価値は下がるだけ……”というセリフが物語るように、女性にとって30歳は節目の年と言っても過言ではありません。

どこかでそんな考え方をしているのは日本の中だけでは?と思っていましたが、女性がエネルギッシュな印象の香港でも同様に社会的なプレッシャーを受けているなんて……。

そういえば同世代で中国出身の女友達が「日本なんてまだいい方。もし国に帰ったら同級生はみんな結婚していて、結婚していなくて大企業にも勤めていない私は存在価値がない。だから私は日本を離れたくないの!」と言っていました。

その時は「そんなものか〜」と思っていた私ですが、映画の中で描かれる、女性が歳を取ることによって直面する周囲の反応やプレッシャーはなかなかのもの。女性の悩みは万国共通なのかもしれませんね。

自分と正反対の人生を歩むあなた

(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

30歳目前にプレッシャーを抱えるクリスティは、偶然にも自分と同じ日に生まれたティンロの家に、彼女が旅行をしている間だけ住むことになります。自分の好きなものに忠実で、気楽に楽しく暮らしている彼女を見て、微笑ましくも少し羨ましさも感じている様子のクリスティ。

部長に抜擢された仕事では、プレッシャーがきつくなり思うようにいかない日々に苛立ちが募り、長年付き合っている恋人とはすれ違ってばかり。結婚について話をしたいけれど、その度に微妙な雰囲気に……。

友人たちとのたわいもない会話の中ですら焦りを感じてしまいます。おまけに父親の認知症が進み、心配事は増えるばかり。こんなはずじゃなかったのにどこで何を間違えたのが、これからどうすればいいのかもわからない、まさに袋小路の状態。

一方でティンロが残した日記を読み、もしかしたら自分にもありえたかもしれない人生を考えながら、クリスティは自分の人生について見つめ直していきます。

豆知識!これを知っていると、もっと楽しめるかも

ウォン・カーウァイとレスリー・チャン。どちらも香港を代表する著名人なので、知っている人も多いはず。劇中、たびたびその名前が出てきます。

ウォン・カーウァイとは

ウォン・カーウァイは世界でも有名な映画監督であり脚本家。私も『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(2007年)を観てから気になっている監督でした。

劇中ではウォン・カーウァイ監督作品『花様年華』(2000年)のサイン入りポスターをクリスティが友人の誕生日にプレゼントするシーンがあります。その映画について盛り上がって話す姿を観ていると、「これは観なくては!」と思い、さっそく鑑賞しました!

レスリー・チャンとは

レスリー・チャンは、香港の宝と言われながらも自ら命を絶った歌手であり俳優です。今でもその死を惜しむ人は多く、根強いファンが毎年4月になると献花するそうです。

本作のティンロも、レスリーの大ファン。パリの旅行を決めたのは、レスリーが出演したドラマ『日落巴黎(パリの日没)』(1989年)に影響を受けたから。劇中レスリーの歌が流れるシーンもあり、その魅力を十分に感じることができます。

映画を通して知らなかった作品や著名人を知っていくのは、とても楽しいですよね♪

人生の岐路に立つ全ての人に

(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

この映画は、アラサー女性には特に共感する人が多い作品だと思いますが、世代や性別を超えて人生の岐路に立っている人や、日常に疑問を感じている人など、様々な人に観て欲しい作品です。

「いかに生きるか」について考えるメッセージを受け取ったような気がして、観終わった後、血流が良くなりました!

ちなみに私の隣の席でほとんど睡眠鑑賞していた老紳士は、クリスティが勤める会社の女社長の言葉に大きく頷いていました(笑)。人によって受け取るものは異なっても、きっと何か感じることがあるはず。機会があればぜひご覧ください。

アクション映画だけじゃない、香港映画にハマりそうですっ!
ここで結末に少し触れています。ご注意ください。

ネタバレ・結末を少し…

「もしあの人のように生きていたら……」誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。しかしその時忘れがちなのが、羨ましく思っているあの人にも悩みや葛藤が必ずあるということです。そしてそれはもしかしたら、自分の悩みなんて些細なものに思えるくらい辛いものかもしれないのです。

クリスティからは幸せそうに見えていたティンロにも向き合うのが辛くなるような現実があり、それを知ったクリスティは今の状況を変えていく行動を起こしますーー。

 

5月19日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー

配給:ザジフィルムズ/ポリゴンマジック

●監督・脚本:キーレン・パン
●撮影:ジェイソン・クワン
●音楽:アラン・ウォン、ジャネット・ユン
●挿入歌:レスリー・チャン、レオン・ライ、ビヨンドほか
●キャスト:クリッシー・チャウ『西遊記~はじまりのはじまり~』、ジョイス・チェン『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』、ベビージョン・チョイ、ベン・ヨン

原題:29+1/2017年/香港/広東語/111分/字幕翻訳:鈴木真理子

公式HP
29saimondai.com

この記事をシェアする