3度、楽しむ方法。大人のお子様ランチ映画『ボヘミアン・ラプソディ』

お久しぶりです。こめこです。
本年も何卒よろしくお願いします。

昨年から、ずっとハマってる映画『ボヘミアン・ラプソディ』

楽しいのだけど観るたびに、オムライス、ナポリタン、ミートボールと、昔ながらのレストランのメニューのように美味しいところが沢山あって感想が変わってしまい、キーボードを打つ手が遅くなってしまいました。

もう鑑賞済みの方が多いと思いますが、まだ観ていない方、応援上映にたどり着きたい方に、もう1度観に行こうか迷っている方にも、こめこなりに最大限に楽しめる方法を紹介します!

使用曲の軽いネタバレだけありますが、基本的なネタバレはないので安心して読んでみてください。

DogEarFilms流 こんな人にオススメ
・恋人と
・家族と
・友達と

1度目におすすめなのは、『ボヘミアン・ラプソディ』を通常観賞。黙ってみる

Free-Photos / Pixabay

今は観賞ひとつとっても、IMAXや応援上映などさまざまな楽しみ方が増えてきているのでそれぞれの楽しみ方をお伝えします。

最初の観賞で期待して行っても、期待を超えてくる映画です。音響の良いところに行くのをおすすめします。東京であれば、ユナイテッドシネマ豊洲はいい映画館でした。

ただ、注意ポイントが3点あります。

必ず事前にお手洗いに行くこと
意外と、忘れがちじゃないですか?最後の21分のほかにもちょいちょい良いシーンがあります。こめこが観賞した中でも少なくとも、お手洗いに立つ人が多くいました。つられちゃダメ!(私はつられました)

極力、最初はお手洗いに行っておいて最初はストーリーの流れを堪能してほしいです。

若い頃のフレディを認識していくこと
次に、ヒゲの姿になる前のフレディを確認すべし。若かりし頃のフレディの姿からスタートします。フレディ=ヒゲでタンクトップの印象が強すぎると感情移入が出来にくくなるかも。若い頃を見ていくとラミが演じてるフレディに重なり可愛さが際立つはず!

【最重要】ヒゲの見分けをつけよう!
最初に出てくるヒゲのキャストは、私の激推し「アレン・リーチ」が演じているポール。カフェのシーンから出てきますが、そこではヒゲを生やしてないので要注意。田舎のスタジオにいるシーンからヒゲを生やしてます。次に、フレディの家の使用人「ジム・ハットン」と名乗る男がヒゲを生やしています。その後、フレディがヒゲを生やします。重要人物が全員ヒゲなので間違えないように。

これで、初めての方も疑問をもたず楽しく観られるはず!
エンドロールまで、ゆっくりしていってね!

2度目は、親に『ボヘミアン・ラプソディ』をおすすめしてみる

sasint / Pixabay

次に、1度では観きれなかったところを、体験する。

前述した「ヒゲの見分け方」を確認できてなかった人も、知ったかぶりをして、人におすすめしてみてください(笑)。

この映画はなぜヒットしたかというと「小ネタを共有する」ムーブメントが影響してヒットしたと思います。

美術館デートみたいに、あなたの知識をひけらかすにはもってこいです(笑)。ほかに「ママ」と行く「ママー!会」もおすすめです。私もこの形で友人ママと行きました。ママ年代の人も楽しめるしママと久しぶりにゆっくりできる時間がもてるかも。

ママー!会の際は、友人と行くのとは違うので交通の便がいいところや駅チカなところがおすすめです。

3度目は、『ボヘミアン・ラプソディ』を体験してみる

Free-Photos / Pixabay

さらなるステップは、体験してみる!2回以上観ている方には「グラミー賞授賞」で期間が延びている応援上映に行ってみるのをおすすめします。

私は、TOHOシネマズの「胸アツ応援上映」に行きました。最初からフレディとリップシンクして感動するはず!

TOHOシネマズ・日本橋は大人しめでしたが応援上映を楽しむコツは、周りを気にせず「ガリレオ~!」と歌うことから始まると思っています。

そしたら、足踏みも、三拍子目のハンドクラップも、最高に楽しいはず。ラスト21分なんか数秒間くらいしか体感時間がないくらいに幸福。

「胸アツ応援上映」は、歌詞の字幕もカラフルで素敵だった。おうちでブルーレイなどパッケージを買っても、足踏みがなかなか出来ないと思うので、ぜひ応援上映やっているうちに、おもいっきり弾けてもらいたいです。

ただ、応援上映の注意点は、ポップコーンを食べる暇がない!

私は、「いきなりステーキ味」のポップコーンを本編始まるまでの15分くらいある予告のうちに食べました(笑)。

まだIMAXバージョンを観にいけていないから、それも体験したいなー。

最後に流れる「I Was Born To Love You」がカッコ良すぎてやっぱクイーン好きゃっねん!ってなりますね(笑)

(C)2018 Twentieth Century Fox

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

こめこ

笑えるだけの映画も考えされられる映画も希望を与えてくれるものが好き。本当に好きなもの、おすすめしたいです。 新作の感想は少ないかと思いますが、旧作やDVDなどのレビューから、お気に入りを発掘してもらえたら嬉しいです。