「ニュー・シネマ・パラダイス」「地獄の黙示録」 7 月にキネカ大森にて映画上映+ティーチイン!! 「映画宣伝ミラクルワールド・特別篇」刊行記念

映画ジャーナリスト・斉藤守彦が、70 年代半ばから 90 年代初頭 にかけての、独立系配給会社の映画宣伝を描いた「映画宣伝ミラクルワールド・特別篇」が 6 月 21 日に洋泉社より発売、このほどそれを記念して、キネカ大森にて映画上映とイベントが行われることが決定した。

7月 22 日から 28 日まで、日本ヘラルド映画が当時社運を賭けた 大作「地獄の黙示録」(監督:フランシス・フォード・コッポラ)と、 ヘラルド・エースが配給したミニシアターでの大ヒット作「ニュー・ シネマ・パラダイス」を上映。これはキネカ大森が行っている名画 座上映とのジョイントで、「地獄の黙示録」は劇場公開版(デジタル・ リマスター)の上映となる。タイムテーブルは、連日次の通り。

「ニュー・シネマ・パラダイス」=11:10/16:20
「地獄の黙示録」=13:50/18:40

©1989 CristaldiFilm

この上映の初日に当たる 7 月 22 日には、「『映画宣伝ミラクルワ ールド 特別篇』発売記念・斉藤守彦映画史講座ティーチイン」と サイン会を同劇場で開催。当日は「地獄の黙示録」18 時 40 分の回 上映終了後の 21 時 15 分頃から、当時の映画配給・宣伝・興行や両 作品に関するエピソードを斉藤守彦が語る。なお当日は「ニュー・ シネマ・パラダイス」16 時 20 分からの回よりご入場のお客様は 13 時 50 分より整理券付にて発売開始。「地獄の黙示録」18 時 40 分の回よりご入場のお客様は、16 時 20 分より整理券付にて発売を 開始する(「ニュー・シネマ・パラダイス」16:20 の回にて満席となった場合、「地獄の黙示録」 18:40 の回からの チケットの販売はございません。16:20 の回からのご入場をお勧めします)。
また、このティーチインの参加者には、幻の秘蔵資料を配付する。